道草道

大崎上島での移住の記録(2016年4月~):子育て・古民家改造・裏山開拓・造船所・たまにプログラミング

仕事の仕方

色々な対話の形

牡蠣と車海老の養殖場で働いていた時に、印象に残っている言葉。 「牡蠣と仲良くなれましたか?」 「池の調子どう?」 「は??、牡蠣と仲良く??、池の調子??」って、感じでした。 養殖業者は、人以外の生き物と仲良くなれないといけないのか、と思った…

15分で諦めるかどうか?

よく、ネットで見かける15分ルール 問題が起きた時は【1】最初の15分は自分自身で解決を試みる【2】15分後も解決していなかったら必ず人に聞く前者を守らないと他人の時間を無駄にし、後者を守らないと自分の時間を無駄にする。 Google人工知能チームの「15…

大崎上島日記 田舎暮らし第2ステージ 理想の田舎ライフをめざして

本当に忙しかった1年。 田舎暮らしのスローライフってなんだっけ?って、感じの毎日でした。 でも、振り返ってみると、田舎暮らしの第1ステージはクリアできた気がします。 田舎暮らし第1ステージ 移住するにあたって、一番のネックは、どうやって生活するか…

大崎上島日記 働かない勇気

最近、時々見かける日本の生産性が先進国の中で最低という話。 www.huffingtonpost.jp 忙しく働いていると、周りから見てもがんばっているように見えるし、 自分も組織に貢献している気がして安心する。 逆に、職場で、みんなと同じように働かないというのは…

大崎上島日記 自分の能力ってなんだろか?

前の会社でも、今の会社でもそうだけど、自分の仕事を自分より上手くやる人はいくらでもいる。 この仕事この人に任せた方が、上手くいくなぁと思うと、その仕事はその人の任せてしまって、自分はあまりうまく回っていない部分に行くことが多い。 こう書くと…

大崎上島日記 仕事ができるって人ってなんだろうか?

最近、思うこと。 一口に、仕事をするといっても、いろいろな仕事の仕方があるように思う。 なんとなく、仕事を作る人、仕事をする人、仕事なくす人 この3タイプに分類できる気がする。 仕事を作る人 どんどこ、新しいことを思いついて新しい仕事を作って、…

大崎上島日記 やりたくない仕事を、やりたい仕事に変える方法

一年前に造船所を辞め、養殖場で働き始めて1年経ちました。 怒涛のような一年でした、古株の人が何人か辞めて、新しい人も何人かやってました、そして、何人かは数か月で去っていきました。 自分も、もうこれ限界かもなぁ、と何度か思いながらも、なんとか、…

大崎上島日記 なんで、こんなに長時間労働しているんだろう??

今日の晩御飯。 お隣さんのフランス人のお父さんが日本に遊びに来ていて、お隣さんのフランス人はどこかに出かけていて、日本人の奥さんとフランス人のお父さんと家の家族という不思議な取り合わせで、一緒に晩御飯食べていたのですが、 仕事の話になって、…

人に迷惑をかけない生き方は可能だろうか?

なんか、口癖のように人に迷惑をかけたくないという人がいるけど、 人に迷惑をかけずに生きることって可能なのかな? そんなことを思う。 生きている以上は、多かれ少なかれ誰かに確実に迷惑をかける。 何か自発的に動けば100%誰かに迷惑をかけるし、どんな…

大崎上島日記 仕事はシンプル

と、ある人が言っていた言葉。 その通りだなぁと、と思うけど、なかなか、そう思えない仕事も多い。 いくら大きな仕事でも、一つ一つは小さなプロセスの繋がり。 小さなプロセスに分解してみると、 出来ることは、出来るし。 出来ないことは、出来ない。 出…

大崎上島日記 余計な気遣いはいらないから、判断材料をおくれ

今、一緒に働いているアルバイトさん。 とても、がんばってくれているんだけど、うーん?と思うことが、時々、ある。 昨日も、「お時間あれば、○○に一緒に来てください」 と言われて、 なぜ、一緒に行かないといけないの? 一緒に、来てほしい理由は? 君の…

大崎上島日記 仕事はたのしいかね?

先日、久しぶりに読み返してみた、「仕事は楽しいかね?」 仕事は楽しいかね? (きこ書房) 作者: デイル・ドーテン 出版社/メーカー: きこ書房 発売日: 2015/01/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る 最近は、仕事しかしていなくて、 連…

大崎上島日記 田舎で働く際に必要だと思う力

田舎への移住を考える際に、よく問題になるのが、 田舎には仕事がない ということ。 でも、これは誤解で、田舎には人が足りていないし、沢山仕事があります。 ただ、仕事はあるけど、 ・お金にならない仕事(山の手入れ、草取り、地域の仕事など) ・年間を…

大崎上島日記 場所が変わっても、困っていることは同じ気がする

大崎上島に移住して、島の造船所で働いています。 以前の会社ではプログラマーをしていましたが、なんか、場所が変わっても困っていることが同じ気がしています。 それは、人が足りていない。 じゃあ、人をいれればいいのでは? と、思いますが、いろいろと…

大崎上島日記 休日の終わりに、今日もよく頑張ったと思えるための 休日の時間管理術

今日は日曜日、週に一度の休日。 連れ合いも子供達も実家に帰っていて、気が抜けて、なんとなくテレビをつけて、ぼ~~っとリオオリンピックの結果や、特に興味もないバラエティを見ているうちに、気がつけば1時間が経過していたりします。 テレビは危険だ。…

大崎上島日記 満月を眺めなら一人ぼ~っと過ごす

島の造船所で働き始めて、はや5か月。 連れ合いと子供たちは遅めのお盆で実家に帰省中です。 誰もいない家に帰ると、にぃにからのメッセージが。 島に来るときには書くことに興味がなかったのに、連れ合いの始めたぽかぽか学習塾で書くことの楽しさに目覚め…

大崎上島日記 失敗できるのは新人さんの特権

大崎上島に移住して、 造船所で働き始めて、そろそろ4ヶ月が経とうとしています。 ちょっとずつ仕事になってきました。 そして、何かする度にミスをしでかして、何かと失敗をやらかしています。 以前のソフトウェアの仕事では、Try and Errorの連続で仕事を…

仕事ができるってどういうことだろう?

昔から『仕事ができる』ってどういうことだろう? と、よく思っていました。 ネットで調べると、いろいろ出てきます。 liginc.co.jp naifix.com 言っていることは、その通りだと思うのですが、いまいち腑に落ちない。 社会人になりたての頃は、技術的に優れ…

大崎上島日記 田舎への転職について思うこと

田舎暮らしに憧れて、Iターンを考えたとき、一番の心配事は、やっぱり仕事だと思います。 どこでも食べて行けるような技術があれば問題ないのですが、僕みたいな普通のサラリーマンだった人が、Iターンしようと思うと、地元にある会社などに就職という選択肢…

38歳からの転職について思うこと 変わるリスクと変わらないリスク

今は滋賀に住んでいて、1月まで京都の会社で働いていました。 来年4月より広島県の大崎上島に、家族で移住することに決めました。 legacycode.hatenablog.com 38歳で家族がいて子供が2人いる状態での、 今まで経験のない造船という業種への転職と、 縁…

理系だから論理的思考が出きると思うのは間違い

前から思っていたことなのですが、 理系というと論理的思考ができると勘違いされていることが多い気がします。 数学とか物理とかが苦手な人から見ると、 意味不明の数式に論理的思考の何かがあると勘違いされてしまうのかもしれません。 僕の相方も数式を見…

自分の代わりはいくらでもいる でも、それは自分に価値がないことを、意味しているのではない

働くお母さんの子育ての問題について、少し考えてみた。 ameblo.jp お母さんの仕事が忙しくて、 十分に子供に接してあげられないことに負い目を感じている場合、 「本来わたしのやるべきことなのに」みたいに思い、申し訳ないと思うその態度で子どもを立派な…

「欲ない、夢ない、やる気ない」の「3Yない社会」って正論かな? 

堺屋太一さんって、先見の明がある人だという印象があったのですが、 昨日、FaceBookで飛んできた記事を読んで、う~ん?と思う。 www.sankei.com 堺屋さんの言っている「3Y」とは? ・欲ない ・夢ない ・やる気ない この3つのYがないと言っている。 「欲…

ここからどれくらいふんばれるかが、人生じゃないかああああ!

表題のフレーズは、孤独と不安のレッスンに出てくる一節。 孤独と不安のレッスン (だいわ文庫) 作者: 鴻上尚史 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2011/02/09 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 21回 この商品を含むブログ (12件) を見る p90 人生が、…

男が育児時短勤務をして思うこと 評価もあまり変わらないし ほとんど誰も注目していない

昨日、 男性の育児時短勤務について思っている事を書いてみた。 legacycode.hatenablog.com そういえば、よく聞かれることを書くのを忘れていました。 たぶん、No1の質問が、 育児時短勤務によって評価は下がらないのか? 後、FBでシェアしてくれた方の旦那…

男が育児時短勤務をして思うこと もっと自由な働き方

育児時短勤務を初めて、1年と8カ月。 2014年の4月に、2時間時短からスタートしました。 8:30~15:15 子供が3歳になった現在、1時間時短と1時間シフト勤務という合わせ技で、 7:30~15:15の勤務時間になってます。 来年の4月からは、通常の…

男が育児時短勤務して思うこと 保育園からの突然の電話程恐ろしいものはない

先日、朝10時という時間に携帯に着信がありました。 発信元は、保育園。 やばいなーと思って、電話にでると。 「お父さん、おとうとさんが、38.8度の熱を出されました。今すぐ迎えに来てください」という内容。 はぁ~って、感じですね。 そこからは、…

父親が時短勤務をして得られること 育児でつく力

昨年4月から育児時短勤務を始めて、1年が経とうとしています。 勤務時間は8:30~15:15 とても充実した一年だった気がします。 育児時短勤務をして得られること、子育てをしてして得られること、まとめてみたいと思います。 育児時短勤務で得られる…

ETロボコンに出よう!

以前から出たいと思っていた、ETロボコン。 ETロボコン2015公式サイト―組込みソフトウェア技術教育をテーマとした「ETロボコン」開催のご案内 ETロボコン2015公式サイト―組込みソフトウェア技術教育をテーマとした「ETロボコン」開催のご案内 レゴが出して…

父親の育児日記 応援したくなる人って、どんな人だろうか?

日曜日、保育園で子供達の発表会がありました。 金曜日に、4回嘔吐して、熱も38度あった、にぃに。 父親の育児日記 子供の成長 - 道草道 父親の育児日記 子供の成長 - 道草道 土曜日、一日、ゆっくり休んで、発表会では、最高の演技をしてくれました。 おと…