読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草道

大崎上島での移住の記録(2016年4月~):子育て・古民家改造・裏山開拓・造船所・たまにプログラミング

父親の育児日記 テレビの力と 無限ゴミマシンーと化する子供達

おはようございます。

 

子供にテレビ見せてますか?

たぶんまったく見せていない人は、いないと思います。

我が家では晩ごはんを作る1時間くらいは、テレビを見てもらってます。

 

昨日は、前の日に引き続き、切り絵遊びがしたかったらしく、テレビを見ずにひたすら切り絵遊びに取り組む、おにいちゃんとおとうとくんでした。

 

一時間も取り組むと、とんでもない状態になりますね。。。

晩ごはんの前には、ネズミの巣状態。

あまりにひどくて写真を撮る余裕がなかったのが残念。

 

それで、一度部屋の片付けをして、ごはんを食べて、寝る前には、また、この状態。

f:id:legacyCode:20141203045750j:plain

 

テレビを見てもらっていると静かで家事はしやすいです。

でも、テレビを見ている間なにもアウトプットしてません。

 

テレビを見ていないと、ごみマシーンのごとく、すごい勢いで部屋をゴミだらけにしてきます。

 

同じ1時間の活動量なので、

 

テレビからの情報 == すごい勢いでゴミだけにする力

 

そう思うと、テレビからどれだけの量の情報を、真っ白な頭にインプットしているのだろうか?と思って、少し怖くなります。

ひょっとしたら、テレビを見ている間は、活動が停止しているのかもしれませんが。

それは、それで、あかん気がします。

 

一人で家事をする場合、テレビの力を借りないと何も進まないのも現実です。

薬の使用と同じで、依存し過ぎないように適度に使うのがいいんでしょうね。