読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草道

大崎上島での移住の記録(2016年4月~):子育て・古民家改造・裏山開拓・造船所・たまにプログラミング

父親の育児日記 子供のやる気スイッチ見つけた! かもしれない

昨日に引き続き、キッチンタイマーの効果を確認中です。 

父親の育児日記 子供が動いてくれなくてイライラするときに、使える道具 - 道草道

 

今日の検証結果

今日も起きない子供達、タイマーに10分セットしてみると。

f:id:legacyCode:20150129121034j:plain

かち、かち、かち、かち、、、、、

今日も、むくむくおき始めた!

f:id:legacyCode:20150129121126j:plain

服も着替えて、二人で朝ごはんを食べ始める。

f:id:legacyCode:20150129121159j:plain

次は、ご飯を食べ終わるのを30分後に設定して、タイマースタート。

f:id:legacyCode:20150129121233j:plain

5分を残して、

f:id:legacyCode:20150129121345j:plain

おとうと君も完食!

f:id:legacyCode:20150129121410j:plain

二人の反応の違いが面白い

少し時間が減ると気になって仕方がない、にぃに。

結果、相当早く食べ終わり、自分の時間を満喫できました。

 

半分すぎるぐらいまで、余裕で遊んでいて、残り10分で激しくスパートをかけるおとうと君。

遊ぶ時間はないけど、時間内に食べ終わりました。

 

まとめ

今日で2日目ですが、タイマーは効きます。

家の時計は、動物が付いていて、前から、ネコさんまでとか言っていましたが、長い針と短い針があり、二人とも、あまり意味が分かっていなかったみたいです。

f:id:legacyCode:20150129121722j:plain

キッチンタイマーで、目の前でメモリが減っていくと、早くしないとと思うようです。

キッチンタイマー導入後、「早くしなさい!」と言っていない気がします。

 

今まで、早くしてとは言っても、時計を理解しない子供たちに、どのくらい?なのかが伝わっていなかったようです。

 

いつまで有効なのか?、引き続き、観察を続けてみます。