読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草道

大崎上島での移住の記録(2016年4月~):子育て・古民家改造・裏山開拓・造船所・たまにプログラミング

父親の育児日記 センス・オブ・ワンダー

子育て

保育園の帰り道、今日も走る走る。

おとうとも、ずいぶん走るのが早くなってきた。

f:id:legacyCode:20141030051709j:plain

今年の四月は帰り道、ずっと抱っこだったことを思うと、子供達はすごい速度で成長している。でも、日々同じような毎日でこうしてブログでも書いてみないと、簡単に忘れてしまう何気ないようで大切な日々。

 

帰り道急に、アザラシごっこが始まる。

思い付き?

にぃには、ライオン、ガオーでした。

遥か彼方に走り去ったので、写真撮れなかったけど。

f:id:legacyCode:20141030051911j:plain

アザラシが終わり、再び走り出す。

にぃにのお下がりのズボンのゴムがゆるゆるで、走っているうちにスボンが脱げていく。(笑)

「笑ってないで、直してあげて!」、とあきれ顔の連れ合いの声が聞こえてきそう。

f:id:legacyCode:20141030051919j:plain

今日は、三日月。

おとうとが見つけた。

f:id:legacyCode:20141030052010j:plain

飛行機雲も2こ見つけた。

飛行機雲もちゃんと分かっている。

あの小さいのが飛行機だとよく認識できるなぁと、人のパターン認知のすごさに感心する。コンピュータで認識させようと思うと、どうすればいいんだろう?

 

お日様が明るいうちに、帰れる生活っていいな。

走って、月見て、道草して、動物ごっこして、なんでもない毎日だけど、子供達にとっては、新しい毎日なんだろうな。

自分の子供頃のことはよく覚えていないけど、毎日長かった気がする。

 

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー

 

p23子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激でみちあふれています。

 

日々、子供達のセンス・オブ・ワンダーを分けてもらっている気がする。 

 

帰ってから、ごはんの準備の間に、しまじろうのDVD。

おとうとは、今、人でないものが人の形をしているのが怖い時期のよう。

にぃにも同じような時期があった。

今日は、かげ絵遊びがこわいらしく、号泣。

ちょっと前まで、問題なかったのに不思議。

f:id:legacyCode:20141030052019j:plain

動物DVDの道具を使うサルも、今、怖くて号泣です。

 脳の回路が作らている最中なのと関係あるのかな?

 

にぃに、お得意の動物整列。

f:id:legacyCode:20141030052028j:plain

なんか並べるのが好きみたい。

おとうとにはその傾向はない。

生まれた時から個性はあるんだなぁ、としみじみ思う。

 

英語の絵本で、動物の英語名を、おとうとに教える。

にぃには、名前に対して興味があって、日本語名、英語名を覚えたがるけど、

おとうとは、ほとんど興味もないらしい。

f:id:legacyCode:20141030052034j:plain

にぃに「えれふぁんと」(図をさして)

おとうと「ぞう、ぞう、ぱお~ん」

にぃに「えれふぁんと」

おとうと「ぞう!」

にぃに「えれふぁんと、やってば」

おとうと「ぞう、ぞう」